サイトの目的
イングランド トップ画面
西アジア地方 東アジア地方 西ヨーロッパ地方 東ヨーロッパ地方
政治 経済 交通 国民 文化

イギリス

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、通称イギリスは、ヨーロッパ大陸北西岸に位置し、グレートブリテン島、 アイルランド島北東部その他多くの島々からなる立憲君主制国家である。首都はロンドン。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという歴史的経緯に基づく4つのカントリーが、 同君連合型の単一主権国家を形成している。また、2020年1月31日まで欧州連合に属していたが離脱した 。

イギリスは国際連合安全保障理事会常任理事国であり、G7・G20に参加する先進国である。また、経済協力開発機構、北大西洋条約機構、 欧州評議会の原加盟国である。

核拡散防止条約により核兵器の保有を認められた5つの公式核保有国の1つであり、強力な軍事力を持つ。 ウィーン体制が成立した1815年以来、世界で最も影響力のある国家を指す列強の1つに数えられる。

GDPは2020年時点で名目GDP世界第5位、購買力平価世界第9位と、どちらも世界10位以内に位置する大きな市場を持ち、 世界的な経済大国かつヨーロッパにおける四つの大国「ビッグ4」の一国である。人間開発指数の高い先進国と見なされている。

また、民主主義、立憲君主制、議院内閣制など近代国家の基本的な諸制度が発祥した国でもあり、ピューリタン革命、名誉革命、産業革命など、 様々な歴史的事象の舞台であった。シェイクスピア、ダーウィン、ニュートン、クック、ファラデー、フレミングといった科学者や芸術家の故国で、 現代においてもビートルズなどを輩出した国家である。

イギリスの気候は2つの要因によって基調が定まっている。まず、メキシコ湾流に由来する暖流の北大西洋海流の影響下にあるため、 北緯50度から60度という高緯度にもかかわらず温暖であること、次に中緯度の偏西風の影響を強く受けることである。 以上から西岸海洋性気候 が卓越する。大陸性気候はまったく見られず、気温の年較差は小さい。

メキシコ湾流の影響は冬季に強く現れる。特に西部において気温の低下が抑制され、気温が西岸からの距離に依存するようになる。 夏季においては緯度と気温の関連が強くなり、比較的東部が高温になる。水の蒸散量が多い夏季に東部が高温になることから、 年間を通じて東部が比較的乾燥し、西部が湿潤となる。

降水量の傾向もメキシコ湾流の影響を受けている。東部においては、降水量は一年を通じて平均しており、かつ、一日当たりの降水量が少ない。 冬季、特に風速が観測できない日には霧が発生しやすい。この傾向が強く当てはまる都市としてロンドンが挙げられる。西部においては降水量 が2500mmを超えることがある。

政治

政体は、イギリスの君主を元首に戴く立憲君主制であり、内閣が議会の信任に基づいて存在する議院内閣制を採用する。

イギリスの憲法は一つに成典化されていない不文憲法であり、制定法や判例法、歴史的文書及び慣習法 などが憲法を構成している。これらは他の法律と同様に議会で修正可能なため、軟性憲法であると言える。

憲法を構成する慣習法の一つに「国王は君臨すれども統治せず」とあり、形式上は国王大権が残っているものの、 女王の権能は極めて儀礼的である。

このように、世界でも最も早い段階から立憲君主制と法の支配を採用し、また立法権優位の議会主義が発達しており、 議院内閣制や政党制など、現代の多くの国家が採用している民主主義の諸制度が発祥した国である。

内政

立法権は議会に、行政権は首相及び内閣に、司法権はイギリス最高裁判所及び以下の下級裁判所によって行使される。 イギリスの議会は、上院(貴族院)と下院(庶民院)の二院制である。1911年に制定された議会法により、 「下院の優越」が定められている。

議院内閣制に基づき、行政の長である首相は憲法的習律に従って下院第一党党首を国王が任命、 閣僚は議会上下両院の議員から選出される。

下院は単純小選挙区制による直接選挙で選ばれるが、上院は非公選であり任命制である。近年、従来右派の保守党と左派の労働党により 二大政党制化して来たが、近年では第三勢力の自由民主党の勢力も拡大している。

ウェールズ、スコットランド、北アイルランドは各々異なる権限を委譲された政権を有しており、1996年に北アイルランド議会、 1999年にはスコットランド議会とウェールズ議会が設置され、自治が始まった。

国際関係

イギリスは19世紀から20世紀前半までの間、世界最高位の大国であった。 現在も列強であり続け、経済、文化、軍事、科学、政治で国際的な影響力を有する。

戦間期の国際連盟時代と同様、1946年の第1回国際連合安全保障理事会以来、同国は同理事会常任理事国であり、G7G8、G20、NATO、 欧州評議会、OECD 、WTOの加盟国となっている。そして、アメリカ合衆国と歴史的に特別な関係を持つ。

アメリカ合衆国とヨーロッパ以外にも、1920年代までは日本と日英同盟を結んでいた友好同盟国 であったため、大正時代の大日本帝国海軍はイギリス海軍の伝統に多大な影響を受けながら発展した。

イギリスと密接な同盟国は、連邦国と他の英語圏の国家を含む。イギリスの世界的な存在と影響は、各国との相補関係と軍事力を通して 拡大されている。

それは、世界中で約80の軍事基地の設置と軍の配備を維持していることにも現れている。2011年の軍事支出は627億ドルと一定水準を保っている。

軍事

イギリスの軍隊は「イギリス軍」または「陛下の軍」として知られている。全軍の最高司令官はイギリスの君主であるが、 それはあくまで名目上に過ぎず、首相が事実上の指揮権を有している。軍の日常的な管理は国防省に設置されている国防委員会によって行われている。

イギリスの軍隊は各国の軍隊に比べて広範囲にわたる活動を行い、世界的な戦力投射能力を有する軍事大国の1つに数えられ、 2008年現在、軍事費はGDPの2.5%を占めている。イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛しつつ、世界的なイギリスの 将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。

2005年の時点で陸軍は102,440名、空軍は49,210名、海軍は36,320名の兵員から構成されており、 イギリス軍の190,000名が現役軍人として80か国以上の国に展開、配置されている。

イギリスは核兵器の保有を認められている5カ国の1つであり、軍事費は世界第5位又は第6位である。 核弾頭搭載のトライデント II 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM) を運用している。イギリス海軍は、トライデント IIを搭載した 原子力潜水艦4隻で核抑止力の任務に担っている。

イギリス軍の幅広い活動能力にも関わらず、最近の国事的な国防政策でも協同作戦時に最も過酷な任務を引き受けることを想定している。 イギリス軍が単独で戦った最後の戦争はフォークランド紛争で、全面的な戦闘が丸々3か月続いた。

現在はボスニア紛争、コソボ紛争、アフガニスタン侵攻、イラク戦争など、アメリカ軍やNATO諸国との連合作戦が慣例となっている。

アメリカ軍の駐留と問題

在英アメリカ空軍の基地イギリス国内には多数の米軍基地と約1万人のアメリカ欧州軍人が駐留している。イギリス国内に国外の軍 が駐留しているのは日本同様、アメリカ軍のみである。イギリスの主権が大きく失われているという批判がある。

経済

IMFによると、2015年のイギリスのGDPは2兆8584億ドルであり、世界5位、欧州ではドイツに次ぐ2位である。 同年の一人当たりのGDPは4万3902ドルである。人間開発指数は世界第14位で「非常に高い」に分類される。

ロンドンは2016年に発表された「世界の都市総合力ランキング」において、世界1位と評価された 首都ロンドンは2016年時点でニューヨークを上回る世界一の金融センターと評価されている。

ロンドンのシティには、世界屈指の証券取引所であるロンドン証券取引所がある。イギリスの外国為替市場の1日平均取引額はアメリカを上回り、 世界最大である。富裕層人口も非常に多く、金融資産100万ドル以上を持つ富裕世帯は約41万世帯と推計されており、 アメリカ、日本、中国に次ぐ第4位である。

鉱業

イギリスの鉱業は産業革命を支えた石炭が著名である。300年以上にわたる採炭の歴史があり、石炭産業の歴史がどの国よりも長い。

2002年時点においても3193万トンを採掘しているものの、ほぼ同量の石炭を輸入している。北海油田からの原油採掘量は1億1000万トンに及び、 これは世界シェアの3.2%に達する。最も重要なエネルギー資源は天然ガスであり、世界シェアの4.3%(第4位)を占める。

農業

最も早く工業化された国であり、現在でも高度に工業化されている。農業の重要性は低下し続けており、GDPに占める農業の割合は2%を下回った。 しかしながら、世界シェア10位以内に位置する農産物が8品目ある。穀物ではオオムギ、工芸作物では亜麻 、テンサイ、ナタネ、ホップである。家畜、畜産品では、ヒツジ、羊毛、牛乳が主力。

貿易

イギリスは産業革命成立後、自由貿易によって多大な利益を享受してきた。ただし、21世紀初頭においては貿易の比重は低下している。 2004年時点の貿易依存度、すなわち国内総生産に対する輸出入額の割合は、ヨーロッパ諸国内で比較するとイタリアと並んでもっとも低い。 すなわち、輸出16.1%、輸入21.3%である。輸出入とも対EUの比率が5割強。

不動産

イギリスの不動産は人口の約1%の約25,000人の貴族や大企業などがイングランドの土地の48%を保有しており、 未申告は貴族が家族間で秘密裏に管理していた土地と考えられている。

エネルギー対策

イギリスの原子力発電に対する中華人民共和国の投資と技術協力を積極的に推進することで、エネルギー政策と経済力の強化に取り組んでいる。 2016年には、中国からの投資による原子炉の建造を承認した。

通貨

スターリング・ポンド (GBP) が使用されている。

海運

周囲を海に囲まれている上、世界中に植民地を持っていたことから古くからの海運立国であり、 P&Oやキュナード・ラインなど多くの海運会社がある。

航空

London Heathrow Terminal 5. ロンドン・ヒースロー空港は国際線利用客数では世界随一である。 民間航空が古くから発達し、特に国際線の拡張は世界に広がる植民地間をつなぐために重要視されてきた。

科学技術

17世紀の科学革命はイングランドとスコットランドが、18世紀の産業革命はイギリスが世界の中心であり、 重要な発展に貢献した科学者や技術者を多数輩出している。

万有引力や微分積分学のアイザック・ニュートン、 進化論のチャールズ・ダーウィン、電磁波のジェームズ・クラーク・マクスウェル、 また近年ではブラックホールの研究でスティーブン・ホーキングなど、多くの著名な学者が例に挙がる。

科学上の重要な発見者には水素のヘンリー・キャヴェンディッシュ、ペニシリンのアレクサンダー・フレミング、 DNAのフランシス・クリックがいる。

工学面ではジェームズ・ワットやグラハム・ベルなど。科学の研究・応用は 大学の重要な使命であり続け、2004年から5年間にイギリスが発表した科学論文は世界の7%を占める。学術雑誌ネイチャーや 医学雑誌ランセットは世界的に著名である。

国民

イギリスの人口は2015年時点で推計6,471万人であり世界第22位である。 主な民族はイングランドを中心に居住するゲルマン民族系のイングランド人、 ケルト系のスコットランド人、アイルランド人、ウェールズ人だが、旧植民地出身のインド系(印僑)、 アフリカ系、カリブ系、アラブ系や華僑なども多く住む多民族国家である。イギリスの国籍法では、旧植民地関連の者も含め、 自国民を次の六つの区分に分けている。

宗教

10年に一度行われるイギリス政府の国勢調査によれば、2001年、キリスト教徒が71.7%、イスラム教徒が3.0%、ヒンドゥー教徒が1.0%。 2011年、 キリスト教徒59.3%、イスラム教徒4.8%、ヒンドゥー教徒が1.5%。

婚姻

婚姻の際には、夫婦同姓・複合姓・夫婦別姓のいずれも選択可能である。また同性結婚も可能である。

教育

イギリスの学校教育は地域や公立・私立の別により異なるが、5歳より小学校教育が開始される。

医療

イギリスの医療は各地域それぞれの地方分権型であり、公的医療とプライベート診療が存在する。公的医療は国民保健サービス によりすべてのイギリス人に提供され、医学的必要性が認められる治療は大部分は自己負担なしであり、費用は一般税収を原資としている。 NHSにはイギリス国家予算の25.2%が投じられている。

治安

イギリスの治安は比較的良好というイメージがあるが、日本と比べると発生件数・検挙数はかなり高い。犯罪の内容を種類別としても、 イングランド及びウェールズにおける凶悪犯・粗暴犯の件数は日本の約29倍、性犯罪は約10倍、窃盗は約3.5倍、強盗は約55倍である。

文化

食文化

フィッシュ・アンド・チップスやローストビーフ、ウナギのゼリー寄せ、トースト・サンドイッチなどが有名である。

文学

多くの傑作を後世に残したウィリアム・シェイクスピアは、イギリス・ルネサンス演劇を代表する空前絶後の詩人、および劇作家と言われる。 初期のイギリス文学者としてはジェフリー・オブ・モンマスやジェフリー・チョーサー、トマス・マロリーが著名。 18世紀になるとサミュエル・リチャードソンが登場する。

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽において、イギリスは先鋭文化の発信地として世界的に有名である。 1960、70年代になるとロックが誕生し、中でもビートルズやローリング・ストーンズといったロックンロールの影響色濃いバンドが、その表現の先駆者として活躍した。

漫才

イギリス人はユーモアのセンスが高いと言われている。また、コメディアンの多くは高学歴である。

スポーツ

イギリスはサッカー、ラグビー、クリケット、ゴルフ、ボクシングなど多くの競技が発祥もしくは近代スポーツとして整備された地域であり、国技としても定着している。 年間観客動員数は4000万人以上を集めるサッカーが他を大きく凌いでおり、競馬の600万人、ユニオンラグビーの300万、クリケット200万がそれに続く。

このうち団体球技は、発祥地域の伝統的な配慮から国際競技団体ではイギリス単体ではなく、イングランド、スコットランド、ウェールズ 、北アイルランドの4地域それぞれの加盟を認めているが、サッカーが公式なプログラムとして行われている近代オリンピックでは 、単一国家としての出場が大原則であるため長年出場していなかった。

しかし2012年に開催されたロンドン五輪では、4協会が一体となった統一 「イギリス代表」として参加を果たした。また、イギリスの首都・ロンドンで夏季オリンピックを行ったのは、1948年大会以来64年ぶり3度目である。

数多くのスポーツを誕生させたイギリスでも取り分け人気なのがサッカーである。イギリスでサッカーは「フットボール」と呼び、近代的なルールを 確立したことから「近代サッカーの母国」と呼ばれ、それぞれの地域に独自のサッカー協会がある。

イギリス国内でそれぞれ独立した形でサッカーリーグを展開しており、中でもイングランドのプレミアリーグは世界的に人気である。 クリケットは全面芝のフィールドでプレイされ、試合中にはティータイムもある。 その優雅な雰囲気から、別名「紳士のスポーツ」といわれる。他に競馬とモータースポーツと自転車競技が盛んである。