サイトの目的
モントリオール トップ画面
西アジア地方 東アジア地方 西ヨーロッパ地方 東ヨーロッパ地方 その他の地方

モントリオール

モントリオールは、カナダ・ケベック州の都市。カナダではトロントに次ぐ規模の第二の都市である。 セントローレンス川沿いに位置し、アメリカ合衆国との国境やオンタリオ州との州境に近い。

モントリオール市は、ケベック州では最大の都市である。カナダではオンタリオ州のトロントに次ぎ人口・経済規模で 第二の都市である。2015年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした 総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価された。

住民の大半がフランス系カナダ人を中心にしたヨーロッパ系だが、市内の人口の31.7%は非白人と世界各地からの移民も 多い多民族都市である。

周辺地域を含むモントリオール大都市圏の人口は約400万人であり、これは北米で15番目、世界でも第77位の規模。 面積は約4千km2。

モントリオールが位置するケベック州の公用語はフランス語のみで、モントリオール大都市圏の住民の7割弱が 第一言語をフランス語とし、フランス語圏ではパリとキンシャサに次ぐ規模である。

フランス文化の薫り高い異国的な雰囲気、美食の町、石造りの住宅街、街中にある数多くの教会、石畳のヨーロッパ調 の旧市街の街並みなどから観光客向けに「北米のパリ」と宣伝される。

一方では、都市圏の住民の1割強の第一言語は英語であり、19世紀の終わりから20世紀の始めにかけて英国系移民 によって街が発展してきたことからヴィクトリア 朝の建物が多いなど英国文化も色濃く残り、北米文化と混合している側面も持つ。

モントリオールは、セントローレンス川とオタワ川の合流点にある川中島であるモントリオール島に位置する。 モントリオール島の中央には標高233mのモン・ロワイヤルがあり、都市名の由来といわれ、公園となっている。

この付近のセントローレンス川の川幅は5kmに及ぶ場所もあり、流路の途中がサンルイ湖、ドゥ・モンターニュ湖 となっている。川や湖は冬場にはほぼ凍りついてしまう。市内には合計74の島がある。

セントローレンス川はモントリオール島の南を流れ、LaSalle地区の南岸でラシーヌ瀬という急流になっている。 かつてはセントローレンス川を遡る船はこの急流を遡ることはできず、大西洋から貨物は一旦モントリオールで陸揚げされ、 急流の上流でまた船に積み替えられていた。

1825年にラシーヌ運河が完成し、中型の船は積み替えなしにモントリオール島を通り抜けられる ようになったが、その後もモントリオールは重要な河港として発展を続け、後にカナダ各地からの鉄道貨物を外航船に積み替える港町となった。 現在は船はセントローレンス川南岸に作られた運河を通りラシーヌ瀬を迂回し五大湖へ向かう。

モントリオール島の北はプレリー川が流れ、川を隔てた北も川中島のジェス島で、人口40万人の ラヴァル市がある。またモントリオール島の南には人口23万人のロンゲール市がある。 両市は郊外のベッドタウンとなってモントリオール大都市圏を形成している。

モントリオール大都市圏はモントリオール島外のラヴァルやロンゲール、ブロサード、テルボンヌ、ルパンティニーなど郊外 を含んだ地域を指し、2011年の人口は3,824,221人。

ケッペンの気候区分によれば、亜寒帯湿潤気候(Dfb)に属し、寒暖の差が大きい大陸性気候である。夏季は気温が30℃ に達することも多く、湿度も比較的高くて蒸し暑くなる。一方、冬季の気候は厳しい。

北極からの寒気団に覆われると、日中でも最高気温が-20℃以下となり、晴れた無風の 朝には放射冷却現象のために-30℃前後の猛烈な冷え込みとなる。

このような寒さ対策として世界屈指の規模であるモントリオール地下街が発達した。 年間降雪量は209.5cmであり、北米の都市としては、ケベック(303.4cm)、オタワ(223.5cm)やアメリカ合衆国のシラキューズ(325cm)などのオンタリオ 湖南岸の都市と並ぶ降雪量の多さであるが、日本の豪雪都市と比べるとそれほど多くない。

住民

2016年の調査によるとモントリオール市内の6割強ほどは白人であり、フランス系が大多数を占める。次いで、フランス人 と同じカトリック教徒であったアイルランド人の移住者が非常に多く、現代のフランス系の住民にもアイルランド人の家系を持つものが多い。 他のヨーロッパの地域からも移住者がきている。

モントリオール市内ではおよそ3割強が白人以外の有色人種となっている。特に近年はレバント・マグリブ地域をはじめとする アラブ系移民が急増している。黒人が一割いる。先住民や日本人などのアジア人も一定数住んでいる。旧フランス植民地からの 移住者が多い。ユダヤ人が多い。

言語

6割の人がフランス語を、1割の人が英語を話せる。 モントリオールに住む日系人には、日本からの直接の移住者は少なく、戦後、強制収容所のあったカナダ西部から移住してきた 日系カナダ人の子孫がほとんどであるため、彼らの言語は一般に英語が主流である。

ケベック州の公用語はフランス語のみであり、原則的にフランス語表記が義務付けられている。したがって通説でモ ントリオールは仏語、英語の二言語都市と紹介されるがこれは厳密には間違いである。 日常生活で公共サービスを受けるためにはフランス語が必要である。

英語の表記をある程度はみられる。 学校教育もフランス語が主流である。英語で学べる学校も存在する。

新都市計画

近年、モントリオールでは、新時代の芸術と文化を取り入れた都市の開発が始まった。古い石切り場であるゴミ埋立地 などを改良し、巨大なサーカス用のドーム(TOHU)を作るなど力を注いでいる。

計画の中でも、テーマは「新時代」。ニューヨークの セントラルパークは19世紀をイメージした公園だが、モントリオールの新公園は21世紀をイメージする予定である。

なおモントリオールはシルク・ドゥ・ソレイユの発祥の地であり、その国際本部があることでも有名。例えば、街の中にあるいくつものパブで音楽と 同時に大道芸を行うなど、街の店でも新都市計画にあわせた動きが見られる。

大学

モントリオールは北米有数の大学都市として知られ、市内には4つの総合大学が存在する他に、幾つもの教育機関が存在している。

「AI研究のハブ」数学に強いフランス系移民が多いという歴史的背景などから、特にニューラルネットワークや人工知能(AI)の研究が盛んで、 「AI研究の国際的ハブ」と目されるようになっている。

モントリオール大学とマギル大学の研究者がAI研究組織「MILA」を設立しているほか、AI関連のスタートアップ企業 も相次ぎ創業している。2016年にはAI分野でモントリオールに合計10億ドルが投資され、大学の集積 はモントリオールの経済にも大きく寄与している。